かぎおかクリニック

西宮市 甲子園 内科 呼吸器科 禁煙治療 成人喘息 睡眠時無呼吸症候群 特定健診

西宮市 内科 呼吸器科 かぎおかクリニック
兵庫県西宮市甲子園網引町2番15号
TEL:0798-45-4159(ヨイコキュウ)
※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
HOME»  長引く咳:慢性咳

長引く咳:慢性咳

長引く咳は喘息かも?

咳はもともとは、外から入る異物や肺にたまった痰を排除する、体の大切な反射です。
しかし、痰を伴わないようないわゆる空咳が続くことは会話の障害、不眠や頭痛、胸痛、嘔吐など日常生活に支障をきたします。
いわゆる風邪症状(咽頭痛や咳、熱など)があり、熱や痛みは治まったのに咳だけが続くことがあります。
通常感染後咳と言われるこのような状態は、長いと4週間から8週間続くことがあります。


【長引く咳の原因】

長引く咳の原因は様々ですが、出はじめはやはり感染症が多く、最近はマイコプラズマ感染症や百日咳、クラミジア感染なども注目されています。

咳が4週間以上になってくると感染症の可能性は少なくなってきます。この時点ではやはり重要な疾患である肺結核や肺癌、間質性肺炎、心不全などを否定するために胸部レントゲン撮影や場合によっては血液検査、心電図、胸部CT撮影が必要でしょう。

肺以外が原因の咳として胃酸の食道への逆流が咳の神経などを刺激する胃食道逆流症、副鼻腔炎などの疾患により鼻汁が気管に流れこむ後鼻漏、特別な高血圧の薬(ACE-I)による咳なども考えられます。

それでも診断がつかない空咳は、咳だけが唯一の症状である、咳型喘息(喘鳴がない)や気道の咳の神経が敏感になっているアトピー咳を考える必要があります。


【長引く咳の治療法】

治療は色々な原因により様々ですが、咳型喘息には気管支拡張剤や吸入ステロイドなど、アトピー咳には抗ヒスタミン剤の治療などが必要になります。

咳は外来に来られる患者様の訴えで非常多くまた治療が適切であっても長く続くことも少なくありません。
しかし、まずは、呼吸器専門医を受診され、胸部レントゲンやCTなどで肺癌、肺結核、間質性肺炎などの重要な疾患を除外して加療にあたるのがいいと思います。


神戸新聞読者クラブ「奥様手帳」2012年3月号に「長引く咳」についての院長の解説が載りました。

 

長引く咳の原因の問診票


□1
 咳が3週間以上続く
□2
 1か月以内に風邪をひいた
□3
 以前も風邪のあと咳が長引いた
□4
 喘息と言われたことがある(小児ぜんそく)
□5
 家族、兄弟に喘息患者がいる
□6
 痰が絡む
□7
 夜間明け方に咳が多い
□8
 時々喘鳴(ぜーぜーいう)
□9
 鼻が詰まりやすく、鼻汁がのどの方にながれ易い
□10
 アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などがある
□11
 毎年同じ季節に悪化する
□12
 降圧剤でACE阻害剤という種類のくすりを飲んでいる
□13
 タバコを吸っている
□14
 ペットを飼っている
□15
 胸やけがする、胃の不快感がある、食べてすぐ寝ることが多い
□16
 熱、体重減少、倦怠感やだるさがある

 

当院の治療方針

まずは1か月以上続く咳であれば

1)胸部レントゲンで肺癌、肺結核、間質性肺炎などの重大な疾患の除外を行います(場合によっては胸部CTも依頼します)

 
2)問診から、肺以外の疾患(後鼻漏、胃食道逆流、薬剤性)の可能性を除外します

 
3)診察で呼吸音の異常特に喘鳴がないかどうかを診ます

 
4)急性の感染症の除外の目的に血液検査(白血球、CRPといった急性炎症反応検査)も考慮します(アレルギーの関与が考えられれば採血検査も行います)。

 
5)これらの疾患が除外できれば可能性のある疾患は咳喘息かアトピー咳の可能性が高くなります。

 
6)呼気の一酸化窒素測定で気道のアレルギー性炎症の有無を調べたり、気管支拡張剤吸入を投与した前後での肺機能検査を行い気道の反応性の検査をすることもあります。

 
7)治療による症状の変化をみるために、気管支拡張剤か抗ヒスタミン剤を処方します。

 
8)最初の治療の効果によっては薬を変更するか、吸入ステロイド剤の追加使用を考えます。
9)感染症に関しては必要に応じて百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどの抗体検査を行い同時に喀痰の細胞検査や結核菌検査も行います。